Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

きらきら

“永久未来続くものなどあるはずはないから これで行くさ僕は僕を壊してく”

そのとき,掴んだものは

 

今もSOPHIAの曲だった。

 

今日は朝から調子が悪くて,それは自覚的だったのだけれど,結局ぐるぐると色んなことを考えながら時間を過ごしてしまって,久々に頭に浮かんだ言葉。

 

冷たい部屋のベッドで一人訳もなく泣けた夜

 

それでね,ああ,久々にこの歌詞を思い出したなあって思っていたら,聴きたくなってしまった。だからね,聴いたの。SOPHIAの「ビューティフル」を。

そしたらね。もう,いきなり。いきなり最初のフレーズで,痛いくらいに何かがせり上がってきて,泣いていた。あ,くるって思ったときに,少し無理して出そうとして泣こうとしたかもしれないけれど,結果的に涙が出てきた。理由はもうよくわからない。でも一瞬じゃなくて,ずっと涙が溢れていた。だから,少し部屋のなかを見渡して,ここかなってところにうずくまって頭を抱え込んで目を閉じて聴いていた。

 

永久未来続くものなどありはしないからなんて

 

死にたくなる程嫌な事なんて1つもないぜ

 

やっぱり何度も泣いた。

泣きながら,ああ,こういうときに私が掴むのは,今もSOPHIAの曲なんだって思ったし,小説を読んだとか映画を観たとか何か外から入ってきたものに対する反応として感情が動くのではなくて,自分でもよくわからないまま,内から込み上がってきた何かが泣くという行為につながることもあるんだなって,思った。こうやって泣くのは別に初めてのことでもないのに。その後,しばらく続けてSOPHIAの曲を聴いた。目を閉じて真っ暗な視界のなかで,声を,音を聴きながら,SOPHIAのライブに行きたいなって強く思った。めちゃくちゃ行きたいって思った。

 

 

*     *    *

 

 

「自分の気持ちに正直に行動する」ことは,出来ないことも多いかもしれないけれど,「自分の気持ちに正直になる」ことは大切にしたいなって思った。自分の正直な気持ちを否定しないこと。見ない振りをしないこと。なかったことにしないこと。そんなこと思っちゃだめだと自分で罰しないこと。今日,私のなかにあったのは,そういう感情だった。