Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

きらきら

“永久未来続くものなどあるはずはないから これで行くさ僕は僕を壊してく”

あとかた

 

あとかた

あとかた

 

 

文章の流れがとても好き

初めて読んだけれど、すぐに好きだな、と感じた

感覚的な言葉がたくさん、でもそれがわずらわしくなく綺麗だなと思える

 

かたちにならないもの、残らないもの、遺したいもの、遺すという感覚がないもの

常に同じものはないし、どんどん変わっていく

自分に見えているだけがすべてじゃない、違う人には違う部分を差し出しているかもしれない、誰にもさらけ出していない部分もあるわけで

 

短編集だけれど主人公を変えながら少しずつ関わっている物語

だから今まで見えていなかったものが浮かび上がったり、外からは見えずに抱えている痛みを感じてしまったり

その人にしかわからない感覚、苦しみ、不安、痛み

でもほんのひとかけらでも、たった一点でも共有できる、受け入れてもらえる人はいるのかもしれない、すべてではなくても、核にほんのり触れるくらいでも

 

“想いや瞬間を残すことなんてできない。中ががらんどうのかたちばかりが残る。”

Remove all ads