Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

きらきら

“永久未来続くものなどあるはずはないから これで行くさ僕は僕を壊してく”

普通

 

“普通”

 

それが私のテーマらしい

 

言われたときは、そうかなあ、そうなのかもしれないと思ったぐらいで、確かにそうかもしれないとは思ったけれど、あまり実感を伴わなかった

 

けれど

なぜか今になって、この言葉がずっとぐるぐるしている

確かに私のテーマは“普通”だ

 

私は自分で自分のことを変わっていると思っている

それは以前からの感覚で、もっと言えば、一人ひとり他人とは違うところとか、分かり合えない感性があって、それは個性と言えばもっともらしいけれど、要するに少し変であることだと思っているので、その点について答えを探そうとすることはない

 

私が普通か普通でないかにこだわるのは、そういう内面的なものじゃなくて、目に見える、形となってしまう立ち位置なのだと、最近はっきりした

そういう決断をしてから考えることがなかったわけじゃないけれど(むしろ少なくなかった)、ここにきて、周囲の状況の変化と共にことさら自分に投げかけてしまう

 

私の年齢だったら普通は、とか

あの時に違う道を選んでいたら今頃は、とか

 

じゃあ何でこっちを選んだのだろう

いや、でも他を選ぼうとは思わなかった

でもそれってただの消去法じゃないの

楽な方に逃げたのじゃないの

決められないから、先延ばしにしたんじゃないの

今後、どうなるのだろう

将来に向けて、今ちゃんとやってるのか

明確な目的持ってやってるのか

何のためにここにいるのだろう

まわりのみんなはもう…

 

一人で思考が進んで、とてつもない不安に襲われる

そして、身動きが取れなくなる

決して近くはない目標(というものがあるのなら)までの、漠然とした道だけを思い描いてしまって足がすくんでしまう感覚

自分なりにその間にフラグを立ててみるけれど、そうすることで足元を見ることができるけれど、ふとしたときに覆いかぶさってくる不安と焦燥感

 

こういうときにすがってしまうのは、同じような葛藤を抱えている、抱えていた(と私が思う)人たちの道

あの人もそうだった、あの人にもこういう時期があった

そんなの、自分を落ち着かせるためだけの一時的な精神安定剤にしかならないのに

その人はその人の事情があり、状況があり、自分とまったく同じではないのに、それを聞いてただ安心するだけ、だから大丈夫と思いたいだけ

それがわかっているから余計にそんな自分が憎くなる

 

そして、そもそもそういうことに不安を覚えるということは、自分が特殊だと思っているから

まわりは普通であり、その普通からは逸脱してしまっている自分に怖くなる

 

こんなの、全然特殊じゃないのに

でも私が意識できる範囲においては自分が特殊であるという感覚に陥ってしまう、苦しくなってしまう、今の状況に

 

いつの間にか、あまり自分の話をしなくなった、しようと思わなくなった

そういう自分がいる場所に関しては

立場、というある一点の相違が私には大きくのしかかっている

だから、その点で違いのある人と対等に話をすることが心苦しくなっている

 

そして何か自分の行動を後悔するとき、咄嗟に出来なかったときに、それをまた今の状況のせいにしてしまっている自分にも嫌気がさす

普通だったら出来ていないといけないのに、普通の人なら身についているはずなのに

だけど私は出来ない

 

それも自分が特殊な状況にいるから?

 

そんなこと、違うことなんて明らかなのに、それでも感情は揺れ動いてしまう

頭で理解しているようには受け取ってくれなくて、勝手に思考を進めてしまう

 

 

そんな暗さ(自分が勝手に暗くしてしまっているのだけれど)がまとわりついている中で、ふと、私が普通だと思っている側の人たちも、自分が普通だと思っているわけではないかもしれないと思った

私が今いない状況に立っている人たちも、その生活の中で常に安定しているわけではないだろうし、その人なりの抱える事情もあるわけで

結局、個々に比べることは出来ない、と思うと気持ちは少し楽になるのだけれど

 

ああ、でもやっぱり私が到達していない点の違いは相当に大きい、とても大きい

今時あまり珍しくないのかもしれないけれど、それでもぐっと減るわけで

あれ、でもやっぱりそんな特殊なことではないのだろうか、いやでも、の繰り返し

 

 

そしてそういうループに陥ってしまうのは、自分で今の自分に納得がいってないからなんだろうなと、結局はそこに行きつく

それは私の責任で、私次第なのだけれど、うん

そうだな、今すぐにこの状況が変わるわけではないのだから(大局としては)、だからやっぱり自分の中で明確にしながらきっちりやるしかない

誰かがそれを決めてくれるものでもないし、身に付けるのなら自分でやらないといけないし

 

不安とか焦りとかの塊がぐっとお腹の底から湧き上がってくる感覚はずっとつきまとうのかもしれないけれど、それに対処できる術を、明確な行動を起こさなきゃ

Remove all ads