Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

きらきら

“永久未来続くものなどあるはずはないから これで行くさ僕は僕を壊してく”

MICHAEL

sophia

 

一週間ほど前に、X'masが近付いていることに驚き、すなわちMICHAEL零章がいつの間にか迫っていることに驚愕しました

 

最初は松岡充がX'masに何やらイベントをするらしい、歌うかもというもので、その後に新バンド結成となり(今となってはなぜこういう発表の仕方をしたのかとも思うけれど)、しかしSOPHIA以外のバンドにはあまり興味がなく(たとえVoがその人でも)最初の先行は見送ることにして全貌が見えないもやもやを抱えるだけで

で、どうやらあとのメンバーがSOPHIAらしい、ジルとトモらしいとなり、それならむしろどういうバンドなのか、どういう音楽なのか実際に聴いてからその後(MICHAELを追うかどうか)を決めようと

 

オフィシャルにもMICHAELについてLuciferとの対比とか、SOPHIAと繋がっているとか、SOPHIAnsの穴にはまるものとか、色々綴られているけれど、彼らが活動休止を発表したときと同様に、そういうことはいくら文章で見てもあまりわからないようで

私の場合は実際にライブの空間に足を運んで、音を聴いて、言葉を聴いてそこで初めて自分なりに腑に落ちるというか

 

最初の先行に応募しなかったのも、どういうものか全くわからなかったから

そういう状態でも自分を信じてくれたファンのみんなに、という言い方もされますが

 

私はSOPHIAが好きでありSOPHIAの音楽が好きなので、たとえばメンバーが別の活動をしていたとしてもそのバンドの曲が好みではなかったらあまり興味を持たない

もっと言えば、SOPHIAの曲だからどれも大好き!にはならないわけで数ある楽曲の中でも好みはあったりする

時期によるものもだし同じアルバムの中でも違うし

 

というわけで、X'masイベントの詳細は明らかになり、わからないのはどういう楽曲かということでありそこが一番なのですが、やっぱりまだ誰も聴いたことがなくて24日は本当に最初のライブだから、まずは自分で聴いてみて、そしたら色々思うところは出てくるかなと

 

ヲタしいで少し音源が公開されてたけれど(今日やっと見た!)ビジュアルも含め、そっち路線でいくのだろうか…!

松岡さんは毎度のことですが通常よりも多々施しておられるし、ジルとトモもしっかりメイクしてるよね、ステージ上でもああいう感じでいくのかしら

音楽もやっぱりなのか意外となのか最近のSOPHIAとは異なる印象だし

 

言ってもSOPHIAも18年やってきたわけで、18年もあれば音楽もどんどん変化してきているわけで、MICHAELがその軌跡の上にあるとは思わないけれど

ある点から分岐したものかもしれないし、今止まっている時点から飛んだ先の着地点かもしれないし、まあ、ざっくり言うと個人的には昔の曲の雰囲気を感じたということです

 

 

今回のMICHAEL、行く人と行かない人、行くことができない人

そしてこのバンド活動そのものに対しても人それぞれ思うところはあるはずで、でも、会場に足を運んだということは、その場所にいる人は少なくともMICHAELの音楽を聴きにきたというベクトルは同じなんだよね

8/12の武道館にいた人たちの中でも、行こうとした人たちの中でもそこはわかれるところなわけで、聴こうと思わなかった人はそもそも会場にいないのだから

なので、そこである種の線引きがなされてしまったというか(もちろん、単純な二分では決してないのだけれど)

 

SOPHIAのライブに来たり音楽を聴いていた人たちの今の心境、どういう人たちが多いのか個人的にとても興味がある

・何がなんでもどこまでも付いていきます!

・まったく新しいバンドは嫌だけどSOPHIAのメンバーなら…

SOPHIA5人の活動でないなら興味がない!

とかとか

 

私の場合は、SOPHIAのメンバーなら(まずは一度聴いてから考えよう)というところです

だって抽象的な説明ばっかりなんだもん!

今に始まったわけではないけれど、活動休止というただでさえ先行き見えない状態なのにますます混乱!というのが正直なところでしょうか

とか言っておきながら、活動休止発表後のライブのように終わってみたら知らない間に納得していた、ということもありえますが

 

バンドが活動していても、未来が確実にあるとも言えないことは重々承知しています

とにもかくにも明日のライブです、MICHAEL第零章です

 

Remove all ads